2020 09 01

愛されなくても君がいる

「愛されなくてもがいる」
嬉しいよね、信じてくれるひとがいると。

夏はどんな奇怪事でも起き得りそうで何も起こらず。
何でもできそうで何もできてないまま終わってしまう。
私はね、夏が好きで嫌い。常夏なら可。
初夏や真夏はいいの。ただ末になってくると、相対的な無力感を感じる。
お天気なんかはこんなに晴れてて気持ち良いのに、私は何も為し得てないと思うとね。
身の周りの全ての物事、なんなら空気さえも私を無力にする様な気がしてならない。
特にこんな状況──養生しなきゃなんない時──なんか一番。

まあそんなこんなでも私色々やってるからね。
ちゃんとやってるよ。多分。
ちゃんとできてなくてもまあまあ頑張ってるの。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License